FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ★★★ブログランキング参加しています

絵本 ねないこだれだ

ほんとに小さい子から読める本ですが、ちょっと深いので、少し大きくなって読み返すのも楽しい本たちです。
せなけいこさんの絵本はどれもとっても面白いですよ。


ねないこだれだ (いやだいやだの絵本 4)

ねないこだれだ (いやだいやだの絵本 4)

この表紙の絵、秀逸だと思いません? おばけを知らない子も引き込まれるという感じです。こわくて、かわいいおばけです。

ねないとおばけになっちゃうぞ~ という内容ですが、ちょっと神秘的で、ちょっと親しみがあるんです。
ぜひ、夜の読み聞かせにどうぞ。親が面白がって読んでしまいます。あっという間に読めますよ。


おばけつづきでこちらもどうぞ。

おばけのてんぷら (絵本のひろば 29)

おばけのてんぷら (絵本のひろば 29)

これ、内容が結構シュールです。題名からしてシュールですけど、そのままです。私が子供に読み聞かせていて、ああ、自分も子供の時読んだなぁと思い出しました。子供心にも結構インパクトがあったのだと思います。


いやだいやだ (いやだいやだの絵本 3)

いやだいやだ (いやだいやだの絵本 3)

こちらの本は2歳のいやいや期対策に買っておいたのですが、当人は気に入ってよく持ってきます。自分の心理とよく似通っているのでしょうか。どうしていやっていったらいけないのか、当人なりに考えているみたいです。
ぜひ、いやいや言っているお子様にも読んであげてもらいたい本です。


メルヘンな切り絵にちょっとスパイスを効かせたこの絵本たち。どれも短いながら、いろんな余韻を残してくれます。
これこそ、絵本ですよね。読んでもらっている言葉の意味はどういう意味なのか。自分なりに理解してくれるようになっていきますよ


スポンサーサイト
人気ブログランキングへ★★★ブログランキング参加しています

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。